屑★星通信

同人サークル「屑★星」の告知や活動記録。チャンピオンREDの感想。その他気になった事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンRED 2011年01月号

チャンピオン RED (レッド) 2011年 01月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/11/19)
不明

商品詳細を見る


 モツ!おっぱい!狂気!の三原則で成り立つ、秋田書店が誇るボンクラ達の理想郷チャンピオンREDの感想です。

◆表紙
 鉄のラインバレル。主役メカのラインバレルとメインヒロインの城崎。右上にマジンガーZ、左下に強化外骨格零。なに この どこに出しても恥ずかしくない表紙。つか、まるでロボット漫画専門誌みたいじゃないか。スーパーロボットマガジンとか名付けてみる?

◆谷口悟朗のエンタメ無法地帯

 またお前か(挨拶)。今回は「酒と声優と男と女とキングギドラ」について。いつも通り声優や業界人と遊んだよ話だ。たまにこれについて異議や妬みの感想を見かけるが、そもそも谷口悟朗は業界人であり数々の名作を生み出した監督なのだから別に構わないんじゃないかと思う。声優さんと飲み会して声優の仕事の線引きについて考えさせられたそうな。アニメの仕事をしているから声優という訳ではない。顔出しの仕事や朗読会みたいな仕事もある。その中でも変り種は「村瀬 克輝」だろう。東京ベイ有明ワシントンホテル代表統括プロデューサーって・・・現在は声優業をお休みしてるそうだが、岸誠二が健在ならいつの日か起用される時が来るだろう。何と言っても良い声だしね。キングギドラは小清水。小清水が持っていたバッグがキングギドラの表皮ぽくキラキラと光を反射していたそうだ。脳内でインプットされた情報は容易には上書きされずにしばらくはキングギドラ=小清水になるそうだ。ぷらふぃにでも見せてやれば少しはイメージも変わるんじゃないだろうか。そう思うだろ?あんたも。

◆真マジンガーZERO

 ついに長かったあしゅら男爵戦も終了。最後は左右に分かれたあしゅら機械獣をベアハッグで押さえ込んでブレストファイヤーの我慢比べだ。でも、これって機体に使われている超合金Z比率から言ってもマジンガーZが勝つに決まってるんじゃないか?ブレストファイヤーは効かないと言っていたあしゅらはドロドロに溶けて敗れる。やっぱり効くじゃねえか。7Pで前言を覆すな。
 などと重箱の隅をつついて見ても今回がべらぼーに面白かったのは事実。まさにあしゅらの最後を飾るに相応しい大迫力でした。前半のあしゅらのDrヘルに対する忠誠心の表現も実に良い。ラストの静かな終わりも余韻とになって実に良い。甲です。

◆Phase20(木々津克久)

 困った時の木々津二本立て!一本目。読切作品。怪人二十面相の三代目の相手役が何で金田一なんだ?明智小五郎じゃないの?木々津克久に限って間違えているとか知らなかったというのは有り得ないので何かの考えが有るのだろう。続きの話に登場させる予定とか。
 お話的には強引にツイッターを使ってるのが気になる。何でだろ?何か無理してる感があるけど、たまにはこういうのも良いか。ラストのコマがまんまふらんに見えるのは後ろにいる怪人たちのせいだろう。

◆フランケンふらん

 珍しくふらんが負ける話でした。ブラックロータスと良いこういう陰謀論めいたお話好きだなー木々津。しかし、概ね同意。主人公が敗北する話ってのは大概面白いね。

◆エクゾスカル零(山口貴由)

 地獄編二歌。地獄編という事は他の話になったら「極楽編」とかになるのか?
 幼女に対しても敵と認識したならば容赦なく撃ち込む覚悟はヒーローの鑑だ。明らかに即死級の打撃を叩き込んでるけど、普通の人間だったらどうするつもりだったのだろう。しかし、そんな事を気にしていたら”正義”を行う事は出来ないのだ。大量の敵に囲まれたら即座に強化外骨格を瞬着して戦術神風を使用する判断力。心に鬼を育んでいる。そう言わざるを得ない。
 いつの間にか全裸からいつもの白い軍服風学生服に身を包み、たどり着いた部屋は覚悟が眠っていたカプセルの安置所。傍らに置かれた軍刀を鞘から抜くと砂と化した刀がぼろぼろと崩壊する。

かつて少年が愛した友や歌は ここにはもう存在しないのだ


 今回は強化外骨格零の御目見えと時間の経過を見せるのが一番の目的でした。でも、これって良いのか?暗に罪子や覇岡の出番は無いと言ってるような物だ。続編物ってのは大概「主人公の子孫」や「前作の直後ないし数年後」が舞台になる。でなければ前作との絡みが作れないからだ。エクゾスカルみたいなパターンはあまり無いんじゃないかな。正直続編物としてはうまいパターンとは言えない。これが吉と出るか凶と出るかは今後の展開次第かなー。見切り発車ならではのこのライブ感覚がたまらなく面白い。そう思えるなら良いじゃないか。

◆どみなのド!

 もう少し正気を取り戻した後の音瀬さんの様子を描写して欲しかったな。あそこえろい。すごく。

◆聖痕のクェイサー

 今回美由梨と便所さんがおねいにー告白をしていたが、これを中の人がしていると思うと夢が広がる。女の人はもっとおねいにーをおおらかに白状すると人気が上がると思うんだ。吉野弘幸が厳密な調査の元書いていたら嬉しいなー

◆ミカるんX
 
 まさかこの人の作品で泣かされるとは・・・
 いや、正直ペソというキャラクターを積み上げた成果だと思う。弱い、金に汚い、役に立たないという女版ねずみ男みたいなキャラを上手く作ったもんだ。臭いとすら思える長台詞が素晴らしい。「ほしいものは何だって買ってやる」なんて台詞をペソに言わせるなんて、そりゃ泣くよ。自分がよそ者の宇宙人だと気づくコマから人間形態からペソマルク星人に戻ってるのも秀逸。今回はこれでお腹いっぱいだ。高遠るい本当にえらい。

 今月の爆笑したコマ
生体遊星15号レンズ聖獣玉輪丸
埼玉県 古怒田健志さんの作品

 また俺アルマ状態か・・・ そういやーオリジナル怪獣のアイディアをこないだ夜勤中に閃いたけどまだ募集してるのだろうか?

 あと、合体じゃなくて 合大 な。誤植誤植。

◆ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日
  
 ついに明かされた「草間の乱」の真相!全ては韓信の仕業だった。草間の乱は韓信の「甘言」の術によって操られたことによって発生した物ということで一件落着気味なのは良いが、これからどうするんだろう。韓信が九大天王にフルボッコにされるのは良いとしてだ。お話の進む先についてだ。大作の問題は解決してしまったし、BF団との抗争が中心になっていくのだろうか?それも今川作品としては不自然なような。まだあまり活躍していない十傑集も居る事だし、もっともっと続けて欲しいなぁ

◆ひみchuの文子さま(最終回)

 もう少し日本一やんごとなき設定をうまく使って欲しかった。どちらかというとアラセン無双過ぎる。んーたまに面白いと思う時も有るんだけどイチローの打率よりもヒット率は低いしなぁ。次回作はチャンピオン本誌で予定しているとか。しばらくはそっちで頑張ってください。

◆次号予告
新連載 ライコネンの熱帯魚 山西正則

 おおっ放流したかと思った山西が帰ってきた。今度は大丈夫かな?いや、そもそも大丈夫だった山西というのも記憶に無いが。これがラストチャンスかもしれない。何とか物にしてもらいたい。

◆作者コメント
いただいた花束、まだ咲いています。心の中で。(山口貴由)

 行きたかったな・・・サイン会。当日は台風が来てたけど、そんなん無視してでも行きたかったよ。台風で来れなかった奴もいたのだろうか?無駄になった整理券があったら俺にくれよって感じだ。また10年後に期待するか・・・・

上はドヤ顔、下は洪水。な~んだ?正解は来月!(高遠るい)

 正解は来月はすっかり忘れて答えを言わないだ! それで駄目ならコスプレ広場で撮影されてるレイヤーさんじゃない?ドヤ顔だけど皆から注目される快感で濡れ濡れってるかもしれないぞ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuduboshi.blog114.fc2.com/tb.php/134-b685b4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。