屑★星通信

同人サークル「屑★星」の告知や活動記録。チャンピオンREDの感想。その他気になった事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/14のツイートまとめ

musasi_kudubosi

そういやー島本和彦のワンダービットで謎の父兄Aが「親が読んだ感動した本と子供が選んだくだらない本のどちらを子供が選ぶか決めさせれば良い。」「もしそれでもくだらない本を選ぶならそれはそこまで育ててしまった親の責任だ」とか書いていたなぁ。ワンダービットは名作だ。
12-14 00:01

たまーに島本和彦をいっつも同じ漫画を描く人だと思っている人がいるか大きな間違いだ。恐ろしく試行錯誤してトライエラーを繰り返してここまで来た人だ。「突撃ウルフ」を!「挑戦者」を!「バトルフィールド」を!「温泉マン」を!「めがMEGAみーな」を!一度読んでみて欲しい。絶版だけど。
12-14 00:04

ラジコがまともに動かない・・・
12-14 01:05

スフィアのANNは普通に聞ける・・・
12-14 01:07

あ、録音できた。番組表を受信しないといけなかったのか?
12-14 01:10

すふゃーも別の日にやってくれれば良いのになー。まだちょっと安定しないな。
12-14 01:11

久々に生ざくろ。 #otome_zakuro
12-14 01:32

ボトムズファインダー開場待ちなう。終わったら武士の家計簿観ようかな。昨日再読済んだからタイミングは最高だ。
12-14 13:54

きっと空いてるだろうなー。二桁観客がいたら嬉しい。
12-14 13:55

さすがに二桁は超えた。無論男子校だ。
12-14 14:04


ファインダー終了ー次は武士の家計簿。なんだけど・・・もしかして混んでる?そんなことは無いと思うけど。
12-14 15:22

武士の家計簿。悪くは無いが、もっと面白くできたはず。使えるエピソードも2、3個残してたし。家財整理のシーンは良かったね。
12-14 18:12

今日観た映画一本目。ボトムズファインダー。ボトムズフェスティバル二番手。完全オリジナルな世界観のボトムズとしてキリコもいないどころかATも登場しないアストラギウス銀河でもないまったく新しい、言わばボトムズにおけるGガンダム的なポジションの作品。(続く)
12-14 20:46

(続き)もう本家ボトムズとのリンクは4mサイズのロボットと「ボトムズ」という呼称だけだ。初めての人には一番入りやすいかもしれないけど、初めての人に訴求力のある何かが有るとは思えない。中身に少し触れると先ずアクション。CGもここまで来ると手描きと遜色無い感じだ。ちょお頑張ってる。
12-14 20:49

キャラクターは主人公がタンブラー(曲芸師)の異名を持っている割には振るわなかった感じ。もっと奇抜な動きをさせても良かったと思う。ただ短い時間でセオリーっぽい動きとトリッキーな動きの両方を見せるのが難しいのも分かる。
12-14 20:50

メカデザインは・・・んー微妙。色を白じゃなくてもう少し地味な建築重機ぽい色にした方が世界観にも合うし格好良かったんじゃないかなぁ。その意味では広橋の乗ってたマティオンタイプのが好み。ディアハルト機はパス。
12-14 20:53

今日観た映画二本目。武士の家計簿。実在する幕末に生きたとある武士がつけた家計簿を元にした表題新書を映画化。どうなることかと思ったが・・・んー失敗とは言わないけど、もう少し面白くなる要素や捨ててしまっている惜しいエピソードの多い事。
12-14 20:58

良いアレンジとしては直之の祖母が和算を嗜んでいるということにしているだが、それを物語にうまく組み込めていない。さりげなく持ち物として「塵劫記」を登場させたり家族の中で一番和算を学んでいるように思えるのだが・・・
12-14 21:02

直之の成長過程に影響を持たせているとか、死亡エピソードを捏造するとか、やりようはあったと思うのだが。葬儀費用だって相当かかってるのに・・・
12-14 21:03

本書が秀逸な点は実際に幕末頃の貨幣価値が手に取るように分かるという点がある。それが全然活かせなかった。ナレーションで「現在の貨幣価値で銀○○匁は○○円」と言えば済む話なんだけどな。アカギ方式で。
12-14 21:05

良かったところ・・・んーこんなチャンバラもない。歴史上有名な人物もほぼ登場しない(一人だけ出る)。歴史上の重要事件でもない。そんな地味な作品が映画化されたこと・・・かな?惜しむべくはそれが活かされてないことだ。
12-14 21:09

あと直之のキャラは良い味付けがされていたと思う。実際の直之の算盤で息子の頭をぶん殴って教育も捨てがたいが。
12-14 21:11

映画を見るのと、本を読むのどちらがいいかといえば、本読んだ方がずっと面白いな。映画は本の副産物として気が向いたら観るくらいで良いんじゃないかな・・・
12-14 21:13

@YoshiHon 火の鳥というか手塚作品がOKなら結構な数の作品がOKになりそうな気もするが、事はそう単純では無いのでしょう。電脳なをさんのえろ漫画道はOKカナ?
12-14 22:51

つか、昨日も渋沢さんっぽい冬眠前の熊っぽい人とこの手の話題で話してたけど、この手の揶揄系の笑い話を振れるのも今のうちだけかもしれないんだよなー。条例が施行され始めたら本気で笑えない未来が来るかもしれないんだし。
12-14 22:53

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuduboshi.blog114.fc2.com/tb.php/143-13f21e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。