屑★星通信

同人サークル「屑★星」の告知や活動記録。チャンピオンREDの感想。その他気になった事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンRED2010年09月号

チャンピオン RED (レッド) 2010年 09月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2010年 09月号 [雑誌]
(2010/07/17)
不明

商品詳細を見る
 モツ!おっぱい!狂気!の三原則で成り立つ、秋田書店が誇るボンクラ達の理想郷チャンピオンREDの感想です。

◆表紙
 シグルイ。一見相打ちに見える藤木と伊良子だが、実は藤木の刀は伊良子の腋の下かもしれん。そう思ってみると、心なしか伊良子の顔がニヤけて見える。

◆シグルイ
 泣いても笑っても最終景。全八十四回。7年に渡ってREDの最先端を突っ走ったシグルイもこれにて終幕。感無量の思いで読みました。比喩表現ではなく呼吸一つせず一気に読み終えた。初見の感想としえては山口貴由はやはり異形の天才だ。原作ありきの作品としては近年では並べる物が少ないくらい作品でしょう。それでは細かな部分の感想などを箇条書きで。

・表紙。鍔迫りで伊良子に刃を突き立てる藤木。

 まさに決着の瞬間といった感じだ。

・決着を見届けて涙を流す三重。

 永年の宿願が叶っての喜びの涙だ・・・と思う。三重の胸中の変化というのが最終景の見所なんだが・・・

・眩しすぎた あまりにも眩しすぎたゆえ 斬らねばならなかった
 清玄とであった誰もが その輝きに心を奪われ
 そのような羨望が悪意となって 美剣士の双眸を切り裂いたのではあるまいか

 劇中での伊良子の役割を語る一文。劇中誰に取っても伊良子という人間の大きさを語る。武家社会から外れ、その世界を覆そうとした伊良子へ嫉妬と羨望があったことを語る。藤木にとっても他の虎眼流高弟に取っても。

・清玄を追って 菩薩もまた命を断った

 いく自害。こちらは感情の流れとして順当。映画版だと伊良子の子を身篭っていずこかへと消えるそうだが・・・、俺はこの小説版準拠の決着のが好き。そして七町念仏で喉笛を掻っ切るという若先生らしいアレンジも最高だ。いくを指して菩薩というのも象徴的で良いね。

・清玄の首を切り落とせ!
 (中略)
 伊良子清玄がそのような恥辱を受ける謂れは無い
 ”誇り”だ 伊良子清玄は源之助の”誇り”そのものだ

 シグルイ最後の原作アレンジ。原作には無い描写だが、このように原作のテーマや南條範夫残酷武士道物のテーマを最大限引き出すアレンジが随所にあるのがシグルイの特徴だ。これには藤木も風景が一瞬歪むほどショックを受ける。残酷とは何であるか、それは武家社会という大きなシステムの中で精神の自由を奪われた人間では無いかというのがこの場面では表現されている。実に良い。

・”士”という言葉に衝き動かされ伊良子の首を切断しようとするも、身体に力が入らず僅かな力しか発揮できない藤木。
 自己の細胞が次々に死滅してゆくかのような嘔吐感

 それでも伊良子の首を取る藤木。だが、それを見る三重の脳裏にはあの日強引に”契り”を結ぶことを迫られた時の事だった。藤木を象徴する貝殻にも血が流れる。ああ・・・完全に三重の気持ちが固まった。

・全て奪われた 残ったものは約束だけだ 乙女との
 そして試合場から戻った 藤木を待っていたのは・・・
 懐剣で喉を刺して事切れていた三重。

 唯一残された約束すらも無くなり、全てを失った藤木。ラストの藤木の亡くした左手と手を繋ぐカットが泣かせる。幻想の左手で結んだ約束は幻想でしか有り得ないという事か。

・~無明逆流れ編~完

 いつのまに○○編になったんだ?とにかくこれなら 被虐の受太刀編 でも 剣士全て斃れる編でもやれるんじゃないかな?

 次号はロングインタビューと重大発表だ。予想としては・・・・①再アニメ化②上記の新シリーズ開始③覚悟のススメVOLTEX開始④メタルペイン この辺りだろう。

◆谷口悟朗のエンタメ無法地帯
 またお前か(挨拶)。今回は「過去は切捨てよう」について。PCがクラッシュしてデータが消えたそうだ。自分はまだ体験した事が無いがそりゃぁキツイだろう。個人用の遊びPCなら二度と手に入らないえろ画像くらいかもしれんが、仕事用だ。連絡先は消えるは仕事のデータが消えるはで大変だ。声優関係のアドレスが消失したそうだから、今後谷口作品の常連の面子が出てこなかったらそういう事だと思うが良い。そう思うだろ?あんたも。

◆聖痕のクェイサー
 パートナーチェンジ中のまふゆとカーチャの話。良く考えたら、電脳学園編って人気キャラのカーチャとまふゆを両方外してやってたんだよなぁ。そりゃあ不満も出る罠。
 今月の健悦タンの解禁事項。潮吹きが解禁になりました。また一歩コアマガジンに近づいた。

◆真マジンガーZERO
 ミネルバさん・・・フォトンコネクションとか便利な技術が有るなら最初から使ってくださいよ。そんな訳でこの世界のことを全て認識したミネルバ。その説明はまた今度かな。でも後残った謎は死んだはずの甲児くらいか。
 MAZIN大戦の結果世界は光子力研究所を中心とした半径200kmとそれ以外に二分されていたのだ!ってすげぇなDrへル。海から毒を流すとか潜入できる兵士に毒ガスを使わせりゃ一発で終わりそうだけど、敢えてやらない。バリア壊し機械獣も一機しか作らない。・・・何て紳士なんだヘル様。でもコロコロした人質を兵士に改造して使うけど。やっぱヘル様の部下にはなりたくないな。
 やっと改造が終わったあしゅら男爵機械獣と対決するマジンガーZというところで今回は終了。次回で甲児の身体の秘密が明かされて、大体伏線は回収出来たかな。

◆フランケンふらん
 人気シリーズのセンチネル仮面の第三弾だ。今回はVⅢだぜひゃっぱーシルエットも父よ母よ妹よーも全てが赤い仮面はV3だ。ちなみに仮面ライダーV3も復讐をモチベーションにして改造手術を希望するが、1号2号からは一度は断られて、絶体絶命の傷を負ったところでやっと改造手術を施される。1号2号はその後カメバズーカの核爆弾から東京を守る為に犠牲になり、それを見て風見は復讐よりもより大きな志でデストロンと闘うことを誓うんだったな。
 で、ふらん版V3はというと・・・復讐のことを考えると男性器が勃起するド変態になってましたとさ。うわーたちの悪い変態さんだー。復讐の為なら仲間も売るぜ。なんたって俺は復讐が大好きなんだー。相変わらずひでぇ話しだなぁ。このままシリーズが続いたら海洋サイボーグのセンチネルXとか野生のセンチネルアマゾンとかまでやるのか?VⅢで打ち止めで良いと思います。

◆装甲悪鬼村正 鏖(廣瀬周)
 順調にヒロインが黒くなって行くなぁ・・・短期連載なら結末は・・・だけど。どうなんだろう。高木倒して終わりなら単行本一冊か二冊くらいで完結して、その場合非道い結末が待ってそうだ。まぁー山賢さんだしまぁ良いか。廣瀬周が山賢さんの薫陶を受けてよりREDに適した生命体になっていく過程を楽しむ漫画じゃよ・・・ 
 ところで、あの島の住人は何回全滅させられてるんだ?きっと山賢さんの気分しだいで島民が増えたりへったりしてるんだろうなぁ。
 
◆デビルマン対ゲッターロボ
 ゲッタークィーンのデザインがだせぇ。デビルゲッターも何か微妙な・・・。一見石川賢時空に足を踏み入れつつあるように思えるが、石川賢だったらもうちょっと生物的なデザインにしそうだと思う。誤差の範囲内だけど。しかしいつもの永井豪的な方向ではなく、石川賢方向に舵を取ってるのが永井豪による石川賢への手向けのように思えてならない。虚無るまではいかないと思うけど。

◆ミカるんX
 ベトナム編二回目。やっぱりミカさんに操縦権を任せたとはいえペソは役に立たないか。アキるんも飛べないんじゃ役に立たない。結局ミカるんになるのが一番みたいだ。ミカさんウォールはプロテクトウォールだな。ATフィールドじゃないよ。左手だからね。最後はアンデッドフォームで生体遊星と合体したリューズ星人もろとも爆砕だ。やっぱ七将は後になるにつれ弱くなっていくなぁ・・・。少なくとも一期みたいに「こいつどうやて倒すんだ?」的な展開はやらなくなったね。
 そんな訳でミカ達は現代に戻り、寮長ミカパパ、カッシアスはベトナムの地で邂逅する。これで現代に戻って七将の残る二人と雷帝倒して終了か。意外とサクサク進んだなぁ。それでもあと半年くらいは続くかな。三期シリーズもやってくれれば良いなぁ

◆ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日
 とうとう九大天王のディック牧、影丸、天童を従える大作。いや、大作自身は何もしてないんだけどね。
 そんな大作が女の子に!・・・いやいやいや。最近の「男の娘」の風潮というより確実に今川監督の趣味だろ、これ。主人公として初めて発揮した能力が「卓球が上手い」ってのもなぁ・・・。今回最後まで女の子のままだけど、このまま続行なんだらうか。あとたまにで良いので赤影さんのことも思い出してもいいのよ。

◆どみなのド!
 かげり という名前に親のどんな願いがこめられてるのか知りたい。雑破業の気持ちは・・・別に良いや。思いついてしまったんだろう。
 金的を蹴られた痛さというのはクリを洗濯バサミで挟んだと同程度という事だが、そんな事はないと思う。洗濯バサミによる傷みと打撃の痛みが異なるからだ。この両者の歩みよりは無理だと思うんだ。所詮あいつら生えて無いし。この謎を解き明かすためにはふたなりってる人を探すしかないが・・・いや、やっぱ探さないで良いや。

◆次号予告
スペシャル付録 聖痕のクェイサー 二次元可動フィギュア

 いや・・・これフィギュアじゃないだろ。そして、もう予告記事の段階でがっかりクォリティ。

新連載 セーラー服と重戦車 野上武志

 ・・・帰ってくれないかなぁいちごに。

◆作者コメント
今すぐ会いに行くんだ。永遠の一瞬を手に入れるために。(山口貴由)

 コメント的には恋人に当てたようにも見えるんだが、若先生未婚のうえにそれらしき話題も無いんだよなぁ(直近のインタビューを聞いた限りでは)では、何だこれは。少なくとも別れの言葉ではないことから、やっぱり次回作は有ると思って良いのかな。

夢色パティシエールが面白い。ショコラが可愛い・・・。(山本賢治)

 山賢さんたら可愛らしい物を見てる喃。でも幼女も容赦なくコロコロするのが凄いなぁ。

最近知ったこと。通りに面した窓を開けるとうるさい。

 うわー流石東大生賢いやー。

剃毛は計画的に!(雑破業)

 うん。少し 黙れ。

◆その他
・ヨメイロ
 ぱっらぽーぱらっぽー

・必蟲SWRRPERS
 新井英樹の「宮本から君へ」にまったく同じ顔の人が出てくるなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuduboshi.blog114.fc2.com/tb.php/2-a6e6a22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。